« November 2006 | Main

December 28, 2006

今月は更新が少なくて・・・。

あー、12月ももうすぐおわり。
今月はほとんど更新できなかった。

とにかく忙しかった(言い訳だけど)。

月後半は、産休に入った人の分の仕事も
やらなければならず、そっちを先にやったので、
自分の仕事はほとんど停滞・・・。

産休は給料出るのに、
休んでる人の分の仕事やってる私の給料は増えない。

納得できんぜよ!!(憤慨)

残業代くれ。
くれ~っ!!!

| | Comments (22) | TrackBack (0)

December 18, 2006

本日のクレーマー。

久しぶりに会社に出てきたら、
またまたクレーマー!

どうにかして(泣)。

うちの本の中に、
ライターが取材した店の広告が入っていたのだが、
その表示にまぎらわしいものがある、ということだった。
間違っていれば、こちらは謝るしかない。

が、表示のまぎらわしさというのは、
正直に言うと広告主から「うちは厳選した
国産豆を使っている」といわれれば、
信じてそう記述するしかないのである。

しかしそれは許さない、らしい(笑)。
公正取引委員会だの何だのと、言ってくる。

最後は、記事を書いたライターが直接電話して、
再度うちからクレーマーに根気よく説明。
このクレーマー(しかも母親と息子のダブルだぜ)、
しょっちゅう色々な出版社にクレームを入れているらしく、
お宅のように最後まで説明してくれた出版社は初めてだ。
感動した
」と、褒められた。
新聞社などは、「はいはい」といって取り入ってくれないのだそうだ。

・・・何のこっちゃ。

クレームをつけて
自分の存在価値を相手に認めさせたい。

近頃そういう病んでいる人が多いのかもしれない。
しかもいい大人の親子(70歳と40歳の)。

私には考えられない生き方やけど・・・。

| | Comments (3) | TrackBack (1)

December 15, 2006

書店の店員さん。

久しぶりに会社へ。
ここ2週間、ほぼ外回りで会社に行っていなかったので、
雑用がたまりにたまっていた。

夕方、うちの本が入っている書店より電話。

「返本はどうすればいいのでしょうか?」

出版社と書店の間に取次業者というのがいる場合は、
取次業者へ連絡して返本になるわけだが、
うちの納品担当者が不在のため、
連絡をとって折り返し連絡すると伝えた。

女性店員
「すぐに連絡とれますか?」

わたし
「すぐ連絡が取れない場合もありますけど、
一応連絡とってみますので、そちらの電話番号を・・・」

女性店員
「私、もうあがりの時間なんですよ。
この電話で仕事をすませて、はやく帰りたいんですが」

・・・そんなこと言われたって・・・。
こんな店員さんでいいのか?(苦笑)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 09, 2006

マイナス思考。

マイナスに、マイナスに考えてしまうと、
本当にそのとおりになってしまうことがある。

考えたくないのに考える。
といって、ポジティブに考えたからといって、
そのとおりになることは、ほとんどない。
現実を見ろと笑われるだけだ。

ああ、新庄みたいになりたい・・・。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 03, 2006

超ハードな日々です。

もう自分で何からやっていいのか分かりません!
ヘンにテンションあがってます。

早くこの忙しさが落ちついてほしい。

12月は急かされる毎日。
どうか無事に年が越せますように・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« November 2006 | Main